【ポケモン剣盾】検証:最速孵化にメタモンは不要?

はい、どーも!ヒバニーを孵化し続けて1ヵ月が経過した塩@わいポケ管理人(@sio_poketore)です!

 

塩@わいポケ管理人
そろそろ10000個いくでぇ・・・

 

さて今回は孵化作業におけるメタモンの利点と、最速孵化の場合メタモンは不要なのか検証してみましたん。

 

 

ではなぜメタモンではない方が最速なのか?の理由がこれ。

 

ポケモンを預けた際、卵が産まれる同じグループ(同じポケモン)で、片方のポケモンをトレーナーIDが違う子を預けると、

『2ひきの なかは とても よいみたいです』となり、卵の発見確率が高くなります。

 

塩@わいポケ管理人
実はこれが最速

 



 

メタモンの場合、『2ひきの なかは まずまずの ようですね』止まりなので

卵の発見確率だけでみるなら、当然メタモンの方が効率は落ちるんですね。

 

現状孵化作業は利便性の高さからメタモンで間違いないのですが、厳選、国際孵化等、

同じポケモンを預けたまま作業する場合、どちらの方が効率が良いのか?

 

また『2ひきのなかはまずまず~』と『2ひきのなかはとてもよい~』の実際の発見個数はどれくらい違うのかを検証してみましたん。

 

さっそくみていきましょー!

 

スポンサードサーチ

メタモンと同じグループポケモンの利点

まずは孵化におけるメタモンと同じグループポケモンの利点から紹介していきましょう。

 

まずはメタモンの利点。

・グループに縛られない。(大体のポケモンとの孵化が可能)
・入手が容易
・オシャボ遺伝にも使用可能
・相手の性別に左右されない

といったところでしょうか。

 

塩@わいポケ管理人
利便性高すぎぃぃぃ

 



 

次に同じグループポケモンの利点。