【ポケモン初代】初代ポケモン:あるある&トラウマ 10選

 

はい、どーも!ポケモン初代は未だにワクワクする塩@わいポケ管理人(@sio_poketore)です!

 

塩@わいポケ管理人
ワクワク感がたまらん!!

 

さて今回はそんな初代における、初代ポケモン:あるある&トラウマ 10選ということで・・・

ポケモン初代をやったことある人もそうじゃない人も、懐かしんでいただけたり初代はこうだったんだなと感じていただければ幸いです!

 

 

難易度が異様に高かったり仕様が不便であったりホラー要素もある初代。

ですが数々のポケモントレーナーを生み出した不屈の名作。

さっそくみていきまっしょい!!

 

スポンサードサーチ

初代ポケモン、あるある トラウマ 10選

1,御三家で難易度が変わる

初代ポケモンの最初のあるあるはご存じ、フシギダネヒトカゲゼニガメの御三家のうち、ヒトカゲを選んだパターンではないでしょうか。

ポケットモンスター赤のパッケージにもなっているリザードンがカッコよく、ヒトカゲを選んだ人も多いはず。

塩@わいポケ管理人
今もなお圧倒的人気っ・・・!!

 

しかし初代ポケモンではヒトカゲを選んでしまったばかりに最初の難易度が急激に爆上がりし、最初から挫折やトラウマを覚えた人も多いはず。(笑)

 

 

その原因が序盤のいわタイプのジムリーダー、タケシみずタイプのジムリーダー、カスミ。

どちらもヒトカゲにとっては相性の悪いタイプで、果敢に挑むも見るも無残に散っていくヒトカゲたち。

 

とはいえタケシに関してはいわ技を繰り出すわけでもないので、意外とレベルさえあげればごり押しでいけますが・・・

 

だがカスミ、てめぇはダメだ。

 

ただでさえ素早さの高いスターミーが、

ドチャンドチャンドチャン!!!!!

と忘れもしない、バブルこうせんの効果音。

 

 


ならばいけ、ピカチュウ!!と繰り出すも

ドチャンドチャンドチャン!!!!!

と無慈悲にも等倍でワンパン。

 

こうして最初にヒトカゲを選んだトレーナーは涙を呑むのであった。

塩@わいポケ管理人
タイプ相性とは。(笑)




2,ライバルが唐突に表れる&強い

ポケモンシリーズに共通していえるのがライバルとの戦い。

 

唐突に表れるのもシリーズおなじみではありますが、初代のライバルは一味違います。

ただただ強い。

 

例えば2回目のライバル戦。これは強制イベントではありませんが、ゲーム開始してまずオーキド博士からレベル5の御三家をもらい、1回目のライバルと対戦。そしてトキワシティにいく。

自分のパーティーは何もしていないと、せいぜいレベル6,7程度の御三家とポッポやコラッタがレベル4とかの話。

そして町のはずれにあるポケモンリーグにいこうとすると、2回目のライバルとのが対戦。

 

ライバルの手持ちポケモン、ポッポ:レベル9、御三家:レベル8。

 

いや、無理でしょ。(笑)

せめてニビジムをクリアした後とかならまだわかるけど、さすがにこれは初見殺し。(笑)

 

それ以外にもハナダシティに到着し普通に進めたくらいだと、おそらくこちらの手持ちは最高でも17,18くらい。

ゴールデンボールブリッジと呼ばれる北へ向かう橋がありますが・・・入り口で3回目のライバル戦。

 

初手、ピジョン:レベル18。

2回目の初見殺し。(笑)

という感じで何度かライバルとの対戦が待ち構えてますが、これ以外にもサントアンヌ号内で多数のトレーナーと対戦してパーティーがボロボロにも関わらず、最後にライバル戦と知らないと全滅する仕様が多数。(笑)

塩@わいポケ管理人
開発陣ドSやろ(笑)